Simplicity.

19歳のミニマリスト。自分の周りを居心地のいい空間で囲みたい!!

【2018年度版】ミニマリストが選ぶ!用途別折りたたみ式デスクおすすめ5選

f:id:minimu2929:20180505163921j:image

折りたたみ式のデスクっていいですよね。

超ミニマムで軽いし、使いやすい。

 

かなりマニアックですが、私は少ない持ち物で生活したい人間なので、机もできだけ場所を取らず便利なものがいいと思っています。

▼最近折りたたみデスクを新しく買ったよ

新居用にコンパクトで軽い山善の折りたたみデスクを購入しました

 

ということで、折りたたみ式デスクのおすすめ5選を紹介します〜〜

 

 

初めに知っておきたいこと

折りたたみ式デスクって、メリットばかりかと言うと、そうでもありません。自分の用途と合わなければ、ミニマムだからといって折りたたみ式デスクよりも普通のデスクを買ったほうがいい場合も多いんですよ。

なので、折りたたみ式デスクのメリット・デメリットをまとめました。

まずはメリット。

  • ミニマムに収納できる
  • 軽い
  • 場所をとらない
  • 台面が狭いので、一つのことに集中して取り組める

次にデメリット。

  • 壊れやすい
  • 台面が広いものは少ない
  • デスク上に色々なものを広げて仕事したい人には向かない

 

これを踏まえておきましょう!

 

1.イチオシ!山善 折り畳みデスク

私も持っているこのデスク。デザイン性も高くて、天板は木のデザイン。

折りたたみもしやすく、カラーも豊富なので自分の部屋にぴったりのものが見つけられます。デザイン性で選ぶならこれ。

⚫重量:8kg

⚫高さ:70cm

⚫天板の大きさ:80×40cm

⚫耐荷重:20kg

 

2.山善 木製折りたたみデスク

 自然派の人は、木製のデスクがいい人も多いですよね。木製のデスクってだけで、リラックス効果も高いし集中力の持続性も良いです。自然派・天然派の人はこれを。

⚫重量:8.5kg

⚫高さ:71cm

⚫天板の大きさ:78×50cm

⚫耐荷重:30kg

▽天然木を使った折りたたみデスクは他にもあります。

 

ナカバヤシ 折りたたみデスク&チェア

 コスパを考えるならこれが一番。テーブルとイスのセットで4000円は安い。

多少の使いにくさと椅子の形で長時間の作業には向いていませんが、ちょっとした作業などにはぴったり。

コスパで選ぶならこれ。

⚫重量:デスク8kg,チェア2kg

⚫高さ(座面高さ):デスク71cm,チェア43cm

⚫天板の大きさ:70×50cm

⚫耐荷重:30kg

他の会社も似たようなコストで出しています。

 

 

4.不二貿易 フォールディングデスク

 こちらは棚付きの折りたたみデスク。

自分の使い方次第でめちゃくちゃ便利です。広げて作業する用の折りたたみデスクとしてはこれが一番かと思いますね。作りもしっかりしており、丈夫なのも安心。

天板は、思ったよりも広いとレビューしている方がたくさんいるので、広げて作業もしやすいです。

 たくさん作業する用はこれを。

⚫重量:10kg

⚫高さ:87.5cm

⚫天板の大きさ:88×64cm

⚫耐荷重:記載なし

 

5.ノースオレンジ 2人用バタフライテーブル

 

 このテーブルは、必要に応じて天板の大きさを変えられるもの。

友達が来た時、広げて作業をしたい時など用途に合わせて使い分けられます。

特に、友達が来た時はかなり便利。

小さい折りたたみデスクだと、料理乗らなかったり、狭かったりして大変です。

だけど、わざわざ広いテーブルをそのためだけに用意するのももったいない。

用途に合わせて使い分けられのがマストバイだと思いますね。

友達がよく来る・広げて作業したい人はこれを。

⚫重量:14kg

⚫高さ:75cm

⚫天板の大きさ:最小時70×60、最大時70×116cm

⚫耐荷重:記載なし、但し羽部分は5kg

 

自分の目的・用途に合った折りたたみデスクを選んでください!

 

 ▽関連記事

スタンディングデスクの圧倒的効果・試した感想&おすすめ7選!