Simplicity.

19歳のシンプルライフ。シンプルに、身軽に生きたい。

「足す努力」より「減らす努力」を。3320時間を節約する家に引っ越しました。

f:id:minimu2929:20180411164631j:image

こんにちは、RINです〜!

先日、新居に引っ越して、3320時間という膨大な時間を節約しました。

 

人ってとにかくなんでも自分に足そうとしがちです。

「自分のスキル高めるためにこれをできるようになろう。」

「もしこうなった時大変だから、この保険に入っておこう。」

「何か役立つ時がくるかもしれないから資格を取っておこう」

 

たしかに一見すると、どんどん自分のメリットが膨れ上がっていいように感じるかもしれませんが、実は逆に窮屈になる。

つまらない見栄やプライド、色々なものに縛られてかえって身動きが取れなくなります。

 

人生を有意義に生きるために、あえて引き算する、「引く努力」をすることが大切なんです。

 

私は今年の4月、ずーっと「やめたい!」と思っていた(けど家庭の事情などで中々できなかった)満員電車をやめました!

 

 無駄な時間を断捨離


f:id:minimu2929:20180411164646j:image

 人生の中で、お金よりも大切なものがあります。

それは、「時間」。

「Time is money」という言葉がありますけど、あれは実は真実ではなくて、「Time>money」なんです。ただ、"お金のように時間を大切にしよう"ということを伝えるために作られたもの。

 

時間はほんとに有限です。自分たちはあんまり"死"ということを深く考えたりする機会は少なく、明日が来ることも当たり前に思いがちです。だけど、それを絶対ではない。

Appleの創立者、スティーブ・ジョブズは毎朝鏡に映る自分にこう問いかけていたそう。

「もし今日が最後の日だとしても、今からやろうとしていたことをするだろうか」

  朝、家を出る前、満員電車に乗る前にこの質問を自分自身にしてみましたが、「絶対しない!!!」と思いました。

 

 もう少し、「減らす努力」をしてみよう!ということで、RINはこの春(やっと!)、満員電車をやめました。

 

満員電車って、ほんとにストレスしかたまらないんです。

よく、"読書をする有意義な時間にすればいい"とか、"その時間にブログ書けばいいじゃん"っていう人いますけど、正直無理です。

だって、満員電車に乗ってなかったら、家でゆっくりしながらやりたいことできるんですよ?

それに、電車じゃやっぱり人の目とか気になって集中できないし、

タバコ臭いおじさんが隣に座ったらムカつくし、

人がギュウギュウの中を降りるのも一苦労。。。

 

満員電車に乗って遠いところから学校に通うことにほんと何のメリットも感じません。

 

 

 

3320時間を節約する家

 

f:id:minimu2929:20180411164737j:image

無事、大学に合格した先日、新居に引っ越してきました。

 

なんと、このお家、大学まで徒歩5分!!!!

 

やばくないですか!!??笑 

 

 今まで小学校は徒歩50分(往復1時間40分)×6年、

中学校は自転車で往復1時間20分×3年間、

高校は電車+自転車で往復3時間×3年間、

浪人して画塾は往復3時間×1年間と、散々通学に時間をかけてきた私。

 

高校と画塾の4年間だけでも合計3456時間を通学にかけてたんですよ。笑

 

それが大学では往復10分なので、4年間合わせても136時間。

つまり、3320時間の無駄な時間を減らしたことになります。

 

この減らした無駄だった時間を、自分のやりたいことや好きなことに使える。しかもストレスフリー!

 

満員電車はほんとメリットないし、嫌々乗ってる人は早く引っ越したりした方がいい。

 

そして、余計なものを減らす努力は本当にすべきです。

時間は有限。もっとやりたいことに時間を使いましょう…!

 

▼関連記事

2018年 ミニマリスト女子のやめることリスト - Simplicity.