Simplicity.

18歳のミニマム生活。シンプルに、身軽に生きたい。

片付けを習慣化させるためのたった一つの方法


f:id:minimu2929:20171114071812j:image

こんにちは、ミニマリスト学生ブロガーのRINです!

 

休みの日に部屋を綺麗にしても、1週間経つとあっという間に元通りぐしゃぐしゃ…なんてことありませんか?

私の妹もそのタイプで、部屋を掃除したりはするんですけど、すぐぐしゃぐしゃになるんですよね笑

もちろん、ミニマリストでも、片付けはします。"使ったモノは元の定位置に戻す"とか当たり前のことなんですけど、これができないから、1週間経ったらぐちゃぐちゃなったり服が散乱したりするんです…!

毎日のちょっとした習慣で、綺麗な部屋を保つことは可能です!

 

5分間の片付けタイムをつくる

あなたが毎日の生活で1番時間的に余裕があるのはいつですか?

大体の方は、仕事が終わった夜だと思いますけど、その時間帯に、5分間の片付けタイムを作りましょう。

1日のうちでモノが散らかる量はそんなに多くありません。5分間で部屋の出したりしたモノを元の定位置に戻すことは可能です(もちろんモノの定位置が決まってることが前提としてありますが)。

5分ほどの自分の好きな音楽をかけながら、この曲の間に部屋を綺麗にするぞー!と思って、出して直してなかったものを片付けていきましょう。

私も、朝は早くて勉強しっぱなしのまま出かけたりするので、机に置かれた教材を片付けたり、バッグの中身を空にしたりしています。

忙しかったりしたら、すぐ直そうと思っても直せないときってあります。そういう時があるから、毎日の片付けタイムが効いてきます。

毎日5分間この片付けタイムを作るだけで、1週間後に散らかった部屋になるかならないかが分かれます!

ぜひ実践してみて欲しいと思います!

 

▼ちなみに、モノの定位置の決め方はコチラの記事を参考にしてください!

なんでリバウンドしてしまうの?モノを捨てた後の片付けのやり方は生活動線に合わせてモノの定位置を決める。

 

 

めんどくさがり屋な私でもできた

ミニマリズムは、めんどくさがり屋な人にこそもってこい!だと思います。

私もめっちゃめんどくさがり屋で、余計なことは極力何もしたくないと思う所があります。

モノを少なくしたのも、無駄に掃除をしたくないから。

1週間後に部屋がぐちゃぐちゃになるのが嫌だから、モノを出したらしまう。

人間関係のゴタゴタがめんどくさいから、無理に広く浅く付き合おうとはしない。

。。。

めんどくさいからこそ、ミニマルライフを送るんです。

"ミニマルライフの原動力はめんどくさい"と言っても過言じゃないかもしれません。

 

"ミニマリストはストイックだからできる"なんてイメージを壊せたら嬉しいです!

 

▼関連記事

片付けられない人の特徴とその対策方法

なんでリバウンドしてしまうの?モノを捨てた後の片付けのやり方は生活動線に合わせてモノの定位置を決める。