Simplicity.

ミニマリストのミニマム生活。受験中にホームステイした私がこの世界を見て感じるコト。

みんな言ってる「浪人生って意外と悪くないな」


f:id:minimu2929:20170608213539j:plain




こんにちは、ミニマリスト学生ブロガーのRINです!浪人生です!


「浪人」ってワード、世間一般的にはあまり良いイメージはないかもしれません。


私も最初は「ちょっと嫌だな。。」と思ってましたが、いざ、なってみると意外と良いものでした。



私が浪人した理由


f:id:minimu2929:20170608213521j:plain



私は別に高校時代を適当に過ごした理由で浪人したわけではありません(笑)


もともと、高校受験の時に第一志望に落ちてしまって、なぜかわからないけどこう思ったんです。

「勉強には勉強のプロがいる。所詮私には無理だな。」


今思えば、何決めてかかってんだよ私!と言ってやりたいですが、そう思ったせいで次にこんなことを考えました。


「もともと絵を描くの好きだから芸術方面のプロを目指そう。美大行こうかな〜」


そして、ネットで美大行くにはどうしたらいいかを調べると、美大予備校というところがあって、そこに行けばいい、ということが分かりました。


そして、高一の頃から高三まで美大予備校に通ってました。




おそらく、ほとんどの方が「美大って簡単に行けるんでしょ?」みたいなことを思ってるかもしれませんが、そう簡単ではありません。

レベルの高い美大に行こうと思えば、センターも取れなきゃいけないし、デッサンや色彩構成など色々なことができないといけません。


で、センターは一応3教科で9割近く取ってて、高1~高3まで美大予備校に通って受験にのぞみました。


で、むかえた本番。


場慣れしてなくて自分の実力を出しきれず、結果を見るまでもなく、「ああ終わったな」と思いました。



そして今年の春、新しい美大予備校に移って、浪人生活スタートしました!




浪人するメリット

まずは、浪人するメリットをあげます。私は浪人生って肩書きは好きじゃないですが(笑)、毎日の生活としては楽しいと思ってます☺

時間に余裕ができる

まず、大きなメリットはこれですね。

高3の時は、朝6時に家を出て学校に行き自習をして授業。授業が終わればダッシュで画塾に行き、21:00まで絵を描く。それから帰宅する。。。


という怒涛の毎日を送っていました。


正直、キツかったし眠かったです。


でも、今は朝は7:00頃に家を出て、画塾は17:00に終わります。その後は自由な時間に使えるんですね。


もちろん、受験勉強もありますが、実際センター9割ぐらい取れるのでそれをキープすればいいだけで、時間に余裕が生まれます。


友達も「たくさん寝れる。幸せ〜💞」って言ってました(笑)




自分の好きなことに時間を使える

上記で上げたように、時間に余裕ができるので好きなことに時間が使えます。


画塾が終わったあとに展覧会を観に行ったり、ブログを更新したり、美味しいものを食べたり、、、


上手く時間管理をして、有意義な1日が過ごせると自分も気持ちがいいです◎


関連記事:これからの有意義な時間の過ごし方を考えてみた - 三度の飯よりスープ。



大学で一人暮らしをする際に必要な知識を学べる

高校卒業して、すぐ大学に入学して一人暮らしする人って多いじゃないですか。

でも、一人暮らしってほとんどの人がしたことないから、色々失敗とかも多い。


浪人中は、家に居られるので、友達からの失敗談を聞いて参考にしたり、料理の勉強をしたりできます!



画塾生活は学校みたいで楽しい


今、通っている画塾の時間割は以下の通りです。

8:30-10:00 学科授業
10:00-17:00 実技(1h休憩をはさむ)

終わるのが17:00って高校と同じような感じですよね。

しかも、浪人生の人数が20人ほどなので一つの少人数クラスみたいな感じ。



普通に学校の時みたいに話したりふざけたりして楽しんでます✌

みんな仲良いからとっても楽しいです!






競い合う仲間がいるから頑張れる

もちろん、絵を描く時は本気です。

絶対1番いい絵を描いてやる!参考作品に選ばれるぞ!ってみんな意気込んでますよ。

まあ、結局は自分との戦いにはなるのだろうけど、競い合う仲間がいるって大切です。



浪人するデメリット

自分の所属する名称がない

浪人生って、高校生とも大学生ともどっちつかずの立ち位置だから困ります。

よく、映画館とかでチケットを買う時に大学生と高校生どっちを買おう…?とか。

学生証を発行している画塾ならいいですけど、個人経営の画塾なら、もう料金は一般料金になってしまいます。

親への罪悪感

親から予備校へ行くお金とかたくさん出してもらっているから申し訳ないな…とは思います。


まあ、それがあるから「頑張ろ!合格しなきゃ!」って思えるんですけどね。


周りから気遣われすぎる

「○○ちゃん、大学落ちちゃったんだって…」


「きっとショック受けてるだろうから、何か少しでも励ましてあげなきゃ…!」


そうやって、勝手に心配して、色々言われるのがちょっとツラい。

私は正直、そんな浪人したのを嫌って思ってないし、そんな落ち込んだとしてもズルズル引っ張らない性格。

だからそうやって見え見えの気遣いをされるのが、なんか自分が可哀想みたいに思われるのが、嫌です。


普通に、話しかけてくれるのが1番です。

同年齢の人より1年遅れて社会に出る


同年齢の人達が大学を卒業して会社に就職する時期に、まだ大学生ってことです。

美大とかだと、2浪、3浪とかはごろごろいますが、一般の大学だとあまりいないかもしれません。


そんな中で、1人年上、とか、

友達がみんな会社に就職していくのを見ていると寂しい気持ちになるかもしれません。


まだ実際に体験してないので分かりませんが、、、





結論:自分が選んだ道ならなんでもいいんじゃない?


f:id:minimu2929:20170608213620j:plain


浪人生活も、自分の捉え方次第でどうとでも取れます。


人とは違った経験ができるのもいいと思います。


自分がやりたいことがあって、行きたい大学があってそのために一生懸命頑張ったけど、浪人した。


適当に高校時代を過ごしたけど、浪人することになったから今から全力で頑張る。



とにかく、やりたいことのために突き進むなら、そのやり方がどんなものでも全然構わないと思います。


周りからなんと言われようと、選んだ道を信じて進む。


それが単純だけど、大切なことなんじゃないかな、と思います。




▼関連記事