Simplicity.

18歳のミニマム生活。シンプルに、身軽に生きたい。

舞台作品を創りたい想いを赤裸々に語るよ

f:id:minimu2929:20170601221959j:plain
こんにちは、ミニマリスト学生ブロガーのRINです!



私が舞台作品を創りたい想いをぶつけて記事を書きました。







舞台作品を創りたい

私が将来やりたいことは、舞台芸術の仕事をすることです。自分で舞台作品を創り、色々な場所で公演をしたいと思っています。



舞台作品を創り鑑賞してもらうことは、一つのエンターテインメントだと思っています。

だから、観た人々が心から面白かったと思えるような作品を創りたい。



私が舞台芸術をやりたいと思った大きな理由は、時間とともに変化する空間を創ることに興味があるからです。


舞台上の空間デザインは、他のインテリアや建築物などのデザインと違って、空間は時間とともに変化していくという特徴があると思います。間の取り方や一瞬のミスで全体の印象が悪くなったりもする。

その空間の変化する面白さを舞台という限られた空間でどう表現できるか、というところを追求したいと思いました。









舞台作品を創る際にしたいこと2つ

1.独創的な世界観を創る


f:id:minimu2929:20170601221854j:plain


デジタル化が進んでいるので、映像や照明で色んな効果を出して自分の世界観を創りたいです。



私は一般的なthe演劇やtheバレエ作品を観るのは好きですが、

自分が作る際には、布や紙などの色々な素材や照明の効果などを使って、現実世界ではあまり見ないような幻想的な空間を創りたいと思っています。


特に、現代ではデジタル化も進み、さまざまなデジタル技術が開発されているのでそれらを生かした作品にしたいと思っています。




ちなみに、
私が好きな建築家にザハ・ハディドという方がいます。


彼女は現在は亡くなっていますが、とても斬新なデザインの建築物を造られます。

私は曲線を使った立体の作品が好きなので、彼女の流動性のある曲線を使った生き物の生命感のある立体に惹かれます。彼女の作品を見ていると自分にもインスピレーションが湧いてくるんです!


特に、シャネルのモバイルアート展のパビリオンとして使われた作品が好きです。内装が、生物の細胞のようなデザインで、とても面白く自分も実際に入りたかったなと思います。


彼女の建築物は抽象的なデザインが多く、立体の形も面白いです。建築物としてありえないような形をしていたり、どうやってこの形を思いついたのだろうと思う作品も多々あります。




私は舞台上の空間も布や光、紙などで創る抽象的な形を面白く見せたいと思っています。その時に彼女のような驚きのあるデザインを創りたいです。





2.観客との一体感を大事にした舞台を創る

二つ目に、観客との一体感を大事にした舞台作品を創りたい。

私は〇歳から高2までバレエを習っていました。そこのバレエ教室では舞台上で踊ることもあれば、海・森・神社などの自然の中で踊ることも多々ありました。

その時に感じたことが、舞台で踊るよりも自然の中で踊った方が、観客との一体感が大きいなということです。




確かに、自然の中での観客席はレジャーシートだったり、虫がいたりして、居心地がよいとは言えません。



しかし、観客席と踊る場所の距離が近いので、私達出演者が観客に何かしらのアクションを起こすことができます。


観客に話しかけたり、観客席の後ろから演出したりすることで、観客も反応したり嬉しそうにしたりして楽しんでくれます。




劇場などの舞台上の作品でも、観客との一体感を作り出している作品もあります。しかし、舞台上と観客席の距離が遠いので、それぞれで孤立している印象のある作品が多いのも事実です。



だから、私は劇場などの舞台でも観客との一体感を感じられる作品が創りたいです。一体感のある方がお互いにより面白いと思えると思うのです。それを、出演者・舞台上の見せ方の工夫だけでなく、劇場全体での見せ方を工夫したいです。


劇場全体での工夫というのは例えば、舞台上で上から吊るされた大きな布を使った作品は多く見られます。その布を舞台上だけでなく、観客席の上まで吊るして動かせられるような作品が創りたいです。舞台施設の改造とかもしなければならないとは思いますが、そうすることで、観客の人々も実際に舞台にいるような感覚になれるのではないかと思います。


観客席と舞台上が空間的にもつながった演出をすることでより、一体感も強まると思います!





舞台作品を創る大変さ

舞台空間を創ることは、音響・照明・裏方・監督などたくさんの人の力が合わさって初めて上手くいくものだと思います。だから、自分1人ではいい作品は作れません。



でも、最高の舞台が出来上がった時の感動は私も知っているので、その感動を皆さんに伝えられるような作品が創りたい。



そうできるように、これからもやりたいと言い続けるし、


ちょっと怖いけど、ブログでも思いっきり書いてみました。




やりたいことはどんどん言い続けることが大事だなって思う今日この頃です。





皆さんもやりたいことをブログとかに書いてアウトプットしていってください!



そういう記事、私も読むの大好きなので!( ⁎ᵕᴗᵕ⁎ )❤︎






では、この辺で!✋




にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村