Simplicity.

ミニマリストのミニマム生活。受験中にホームステイした私がこの世界を見て感じるコト。

フランス料理を食べる時に必要なマナー7つ。フランス料理を実際に食べてきた!


f:id:minimu2929:20170530073914j:image
 

こんにちは、ミニマリスト学生ブロガーのRINです!

 

食べることが好きな方、フランス料理のフルコースとか食べてみたいけど、マナーとかわからないし怖いな…って思っている方はいませんか?

 

 

私もそうだったんですけど、この前、実際にフランス料理を食べてどんなマナーが実際に必要かわかりました。

 

 

 

これを覚えていたら恥をかかない!っていうのを以下にまとめてみました。

 

実際に料理が出てきた順に書いていきます。

 

①店に入る

お店に入ったらまずは店員さんが案内してくれます。その時に、最初に店員さんが引いた椅子には女性が座ります。あくまで、男性の方は座らないようにしてください。

 

基本的に、レディーファーストなので、店の入口や通路から1番遠い席に、女性を座らせてあげます。

 

 

②飲み物を注文する

席につくと、「飲み物はどうなさいますか?」と聞かれてメニューを渡されるので、メニューを見て注文します。

 

ワインが飲みたくても字がわからなかったり、どれが料理に合うかわからない場合は、店員にオススメはどれか聞いてみましょう。丁寧に教えてくれます。

 

 

また、メニュー表にビールが書かれていたら、注文しても全然大丈夫です。

 

飲み物を注文してから、ナプキンをひざにかけましょう。折り目が自分から遠い方に来るようにします。

 

 

 

③前菜

私がフランス料理を食べた際には、下のようなものが出されました。


f:id:minimu2929:20170530071454j:image
とてもお洒落で鮮やかな色合いの料理です。

前菜は、「食欲を駆り立てること」が目的なので、量は少なくても食欲をそそるような料理が出てきます。

 

料理が出てきたら、ナイフとフォークで食べます。この時、あまりカチャカチャ音を立てないようにしましょう。

 

 

また、テーブルの上にナイフとフォークがいくつも出ている時もあります。

 

こんな感じ↓


f:id:minimu2929:20170530071508j:image

その時は、外側から使っていきましょう。

 

 

食べ終わったら、ナイフとフォークを揃えて、皿の右側に揃えて置いておきます。

 

これが、食べ終わりました、の合図となり、店員さんがお皿を下げてくれます。

 

 

 

 

④スープ

次に大概はスープが出てくると思います。 

 

※スープの写真は撮るのを忘れてしまいました💦

 

スープにも飲み方があります。

 

スプーンで、奥から手前にすくって飲んでいきましょう。

 

残りが少なくなったら、スープ皿の奥側を持ち上げて残りのスープをすくいます。

 

また、ズズっと音をたてて飲むのはやめましょう。

 

 

 

 

⑤メインディッシュ

メインディッシュは基本的に、肉料理か魚料理が出てきます。

 

自分で選択できるところもあるみたいですね。

 

私は肉料理を食べました!


f:id:minimu2929:20170530071440j:image

 

肉料理や魚料理は一口大の食べやすい大きさにカットしながら食べていきます。

 

くれぐれも最初に全部カットしたりしないようにしてください。

 

美味しいソースがあまったりしたら、パンにつけて食べるのもいいですね◎

 

 

 

⑥デザート

メインディッシュが終わればデザートです。

 

デザートも可愛らしく盛りつけがなされていました。


f:id:minimu2929:20170530072504j:image

 

 

ここで、口の雰囲気を変えるためにチーズが出てくることもあります。

 

 

また、デザートと一緒にコーヒーや紅茶が出てきます。

消化促進、リラックスしてもらうのが目的です。

 

 

ゆっくりとデザートとコーヒーを楽しみましょう。

 

 

 

 ⑦退出する

 食べ終わったら膝の上においていたナプキンを机の上において退出します。

 

ナプキンは、くしゃっとして置いておく方が、「美味しかったです」という印になるそうです。

 

つまり、きちんとたたんで置いておくと、「つまらなかったです」と言ってるのと同じになります。

 

 

 

まとめ

私も初めてフランス料理のフルコースを食べて、見た目の美しさに感激しました。

 

料理一つもお皿への盛り付け方で全然違うんですね。

 

量としてはそんなに多くなくて、目を楽しませてくれるものだなと思いました。

 

しかもたくさん量がある訳では無いから、ゆっくりと味わって食べられます。

 

あと、成人したら早くワインを飲みたいなーと思いました。笑