Simplicity.

18歳のミニマム生活。シンプルに、身軽に生きたい。

ミニマリストの厳選して残した本物のモノ1〜つげ櫛〜

こんにちは、ミニマリスト学生ブロガーのRINです☺


私が断捨離をしていく中で厳選してきた、使う度に嬉しくなる本物のモノを紹介したいと思います。



今回は、女性なら誰でも持っている櫛について。
私の持っているつげ櫛を紹介します!

私が持っているのはこちらです。

f:id:minimu2929:20170514095525j:plain



この櫛で毎朝髪の毛をとかすことが私のちょっとした幸せなんです。



つげ櫛とは

昔から日本の女性に愛用されてきた伝統的な、黄楊・柘植(ツゲ)からのみ作られた櫛です。


つげの櫛は、よくあるプラスチック製の櫛とは違って静電気がおきず、抜け毛や枝毛などを防ぎます。また、髪のうねりを抑えてくれたりする櫛です。

とかせばとかすほど、髪にうるおいを与えてくれるんです。




私も、ここ数年この櫛を使っていて、とかせばとかすほど髪がさらさらになるので愛用しています。




私がつげ櫛を厳選した理由

私はこの櫛を買うまではプラスチック製の櫛を使っていたのですが、正直すぐ壊れたり、安物って感じが否めなかったんです。


それで、なんかいい櫛ないかなぁと思って探していた時に、私の好きなフランス人の方が『つげの櫛はとてもいい』って本に書いていたので、購入してみることにしました。



実際にお店で見てつげ櫛を買ったと本に書いてあったので、伊勢神宮に行ったついでに買ってきました。

f:id:minimu2929:20170514171436j:plain



見た目はすごい上品な感じで木を使っている昔っぽいデザインがとても気に入りました。




値段は少し張ったのですが、一生使い続けるものだからいいかな、と。




使ってみたら、ほんとよかったです!

つげ櫛には、椿油がしみ込ませてあるので、とかすたびに髪がサラサラになるのです。毎日髪をとかすのが楽しみになります(*´`)


今は使い続けて数年になるのですが、使い込むごとに櫛の色にも変化があり、自分だけの櫛になっていく感覚があります。
自然のもので作られたから、年月を重ねるごとに変化して品位・優雅さがにじみでてくるんですね。


こういうのってすごい贅沢ですよね。


使う度にちょっと嬉しくなる、その日1日が軽快な気分で過ごせる。こんなちょっとした幸せな瞬間がとても贅沢でいいなぁと思うのです。



こういう贅沢を与えてくれるものを大事にしてます。







興味がある方はここのお店が昔からの老舗で有名なのでぜひ見てみてください。
京 つげ櫛 十三や

色んな形があるので。
Amazonでのオススメだとこれです。
値段は多少張りますが、上質なものなので。








また、私の厳選したものは紹介していきます!