Simplicity.

18歳のミニマム生活。シンプルに、身軽に生きたい。

お洒落な人はやってる!ミニマリストによる洋服の断捨離のやり方とコツ《 私服の制服化》

f:id:minimu2929:20170423143918j:plain
※2017/11/04加筆修正しました。

こんにちはミニマリスト学生ブロガーのRINです!


いきなりですが、
皆さんは毎日好きな服を着て出かけていますか?
クローゼットの前で服はたくさんあるのに、着たいものがない…とか思うことはありませんか?



そんな人にオススメしたいのが服の断捨離です…!


自分に不必要な服を捨て、厳選した大好きな服と完璧なコーディネートで過ごすことでその日一日の気分も最高なものになります!

まずは捨てる

まずは、自分に必要ない服を捨てます。

でも、どれを手放せばいいかわからない方もいると思います。

手放す服は以下の通りです。

自分の体型に合わない服

自分の体型に合わない服を着ることは、自分の魅力を最大限引き出せません。
例えば、太っている人が、タイトな服を着ているとお腹の肉が見えてしまったり、背の小さい人が少しダボっとした服を着ていると服に着られている感がありますよね。

そういう自分の体型に合わない服は、好きでも着るのはやめましょう。あるいは、やせたり体型を変えてから着るようにしましょう。

1年を通して1回も着ていない服

一年を通して1回も着ない服はもう手放していいものです。

"一年着なかった"ということは、その時点でこれから先も着ないものです。

ちなみに、1年着なかった、というのを応用して、捨てるか迷った服を選別することもできます。

ダンボールに捨てるか迷う服をつめて、封をします。それを、1年間押入れやクローゼットの奥にしまい込んでその間1度も蓋を開けなかったらそのまま捨てるという方法です。

これは意外と有効な手段なので試してみてください!

もしそれがなくなったとしても買い直さない服

服の選別をするときに1枚1枚手に取って、質問してみましょう。

「この服がなくなったら自分は買い直すか?」と。

この質問は、かなり服の断捨離を助けるものとなります。

大好きなモノだけに囲まれて暮らしたいからこそ、モノの選別は厳密に行ってください!

着古した服

首元が開いてヨレヨレの服、毛玉ができすぎて買った当初のやわらかさがなくなったニット…。

そういう着すぎて古くなった服は、捨てるかアップデートさせましょう。


着古した服を「好きだから!」という理由で着ている人がいますが、毛玉が気になることがちょっとしたストレスになったり、周りからみても好印象を受けません。正直、「着る服がないのかな…?」と思ってしまいます。

どうしても好きなら、その服と同じものを新しく買い直しましょう。

衝動買いで買ってしまった服

ストレス発散やムカついたことがあって、パーッとお金を散財して買ってしまった服。

その時に買った服というのは、後で見返しても罪悪感が残ったり、「何してんだろう自分…」みたいな気持ちを引き起こします。

着た時にHappyな気分になれない服は、着る度に自分にとってもストレスとなるので手放してください!

あんまり着てなかったらもったいないとか思うかもしれませんけど…。

夢で終わってしまった服

雑誌のモデルさんが着ていて可愛いくて買ってしまったけど、いざ自分が着てみたらなんかイマイチ…。

こういうことってよくありますよね。

だけど、その服は、自分基準で買っていない服です。他人(雑誌のモデルとか)が着ていて可愛い!と思ったからそれを真似した、という他人基準で買った服なんです。

服を買う時は、当たり前ですけど、自分が好きか・似合うかというのが大切なので、そういう他人基準で選んだ服は手放しましょう。


大体、他人基準で選んだ服ってのは、あまり着てないことの方が多いとも思うので。


こんな感じです!


これらの服は自分にとって完璧ではない服なので、潔く手放しましょう!

もし好きなデザインだったとしても、です。自分に似合う服というのが大切です。
デザインがお洒落でも、その人に似合っていなかったら、ダサくなってしまいますので…!


もったいないと思う気持ちがあるというのも分かりますが、そのもったいないという気持ちの方がもったいないんです。

もっと自分にOKを出して気楽に生きましょう!
▼参考までに
もったいないからこそ捨てる - Simplicity.

基本的に、春夏・秋冬ごとにトップス7着、ボトムス7着、アウター(ワンピースを含む)7着があれば快適におしゃれに過ごせます◎


まずはこれらのモノを捨てて、残った服をさらに選別していきましょう。



服を捨てるとお金がもったいないという不安

いざ服を手放すとなった時に、高い金額で買った服を捨てれない人がいます…。お金がもったいない!とかいう人は、その服を売ったりするといいと思います。


古着屋さんとかだと低価格での買い取りとかがおおいので、
自分で値段を決められるメルカリとか、


フリマアプリ-メルカリ フリマでかんたんショッピング

フリマアプリ-メルカリ フリマでかんたんショッピング

posted with アプリーチ


ブランド品の高価買取もあります。ブランディアは150万人以上の方が利用していて安心できるサイトです。
ブランド買取専門店ブランディア

▼参考記事
片付け・断捨離をする人に絶対オススメの宅配買取サービス - Simplicity.

リサイクルショップに持っていったりすると受け取ってもらえないのもあるので、宅配サービスを使う方が便利ですよ◎




どんな私服を揃える?


季節ごとで服を揃えていくとやりやすいです。

揃える服を選ぶ時のポイントは4つあります!

本当に似合う服だけ揃える

1ヶ月のうち、毎日違うコーデをしようと思ったら必ず何日かは微妙な服が混じったコーデになります。それよりも、少ない着回しでも全部完璧なコーデの方がお洒落です。

自分のスタイルにあった服

本当にお洒落な人は自分にあったスタイルを確立しています。自分に合うスタイルを持つことはアイデンティティの確立にも繋がるのです。

定番服は本当に似合うものにアップデートしていく

去年はこれいいな…と思っていたものが、今年は着たら『何か丈や裾のバランスが微妙…』などという小さな変化に気づいたら、より良いものに変えていきます。

ミニマリストだから服は買わない、という訳ではありません。自分のスタイルを持つ人は時代に合わせてアップデートしていて古く見えないのです。

自分のワードローブ最低5着とコーディネートできるもの

少ない服で着回すのですから、よりたくさんの組み合わせができるものにします。私のオススメは、トップス7枚、ボトムス7枚、アウター(ワンピース、カーデなどを含む)7枚あれば便利に過ごせると思います。


これらを基準にその他の要らない服は捨ててしまいましょう。



初めは難しいかもしれませんが、徐々に慣れてきて本当に必要かがわかってきます。

見極めるのが上手くなってくるのです。だから、諦めずにやってみましょう。


私服の制服化

私服の制服化とは

服の段捨離で私がオススメするのは私服の制服化です。色んなミニマリストの方がされていますよね。
(実際に私もしてます:【 夏】私服の制服化 計画 - Simplicity.)


簡単に言うと、『同じものを着る』。つまり、組み合わせを週末・お出かけ・仕事などパターンに合わせて数種類決め、それを繰り返し着る、というものです。


Appleのスティーブ・ジョブスが毎日黒タートルとデニムを着ていたのは有名な話です。



同じ服ばかり着るの、、、?とうんざりされる方もいるかもしれませんが、考えてみてください。

毎日違うコーデを一生懸命考えて朝の時間を過ごしたいですか?毎日違うコーデを考えようとすると、どうしてもその中に微妙なコーデができていまいます。
それだけでその日一日嫌な気分になるし、周囲の人からもあれ?今日は微妙だな,,,などと思われかねません。そんな人は全然お洒落じゃないと思います。


本当にお洒落な人とは、少ない服で完璧に着回す、自分のスタイルを確立させている人です!
もちろん、自分のスタイルを確立させることは、自分に何が似合うか似合わないかを知って初めてできることなのでそう簡単ではありませんが、そのプロセスも楽しめばいいと思います。


プロのスタイリストさんも、今の時代に輝くのは、自分の好きなもの・本当に大切なものを知っていて、それ以外をさっぱり切り捨てる勇気のある人だとおっしゃっていました。


どちらを選ぶかは自分次第なので、制服化をしろ!とは無理に言いませんが、どちらが本当に幸せかは目に見えていると思います。

私服の制服化のメリット

私が制服化をおススメする大きな理由は、服を選ぶ、という選択肢を決めることに時間・労力を使わず、本当に集中したいことに力がそそげるからです。
朝の空いた時間を、読書やゆっくりコーヒーを飲んだりする時間に充てることができます。


また、服が欲しい!雑誌に載ってたあれ買いたい!という飢餓感がなくなります。だからもちろん、無駄遣いもなくなります。


デメリットは今のところ思いつきません。周りの人からも、1週間日替わりで同じ服だけど、お洒落だから全然いいよね〜って感じなので。

完璧な服を着ることで自分の魅力もましていく

女性が自分は完璧に着こなしていると思っている場合、その状態の自分を放念できる。これを魅力と呼ぶのである。
そして自分自身を放念することができるようになればなるほど魅力はましていく。


着回しがきく服だからといって、自分に似合う服とは限りません。


自分のスタイルに完璧にあった服、コーデを繰り返し着ることで自分のスタイルを確立させるのです。



大好きなコーデを毎日着ることでその日一日の気分もよくなります。そしてその嬉しい気持ちが周りの人にも伝染していくのです。


短期間で自分のスタイルを確立させることは難しいですが、何回も繰り返し考えることで次第に確立していきます。


素材、形、色にこだわって、自分の魅力を最大限生かして欲しいです。



▼関連記事
大好きなモノだけの本当にお洒落なワードローブを揃えよう! - Simplicity.

【 夏】私服の制服化 計画 - Simplicity.

▼ファッションにかかせないバッグの断捨離はコチラの記事に書いてます!
ミニマリストの揃えるバッグは用途に合わせて3つだけ - Simplicity.